DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
高崎商科大学(Takasaki University of Commerce) >
01 高崎商科大学紀要 >
第35号(2020) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/13634

Title: 「ブライダル教育」におけるパッシブラーニングと アクティブラーニングの混合授業スタイル実践研究 ── With コロナ時代の新たな「ブライダル教育」と新たな挙式スタイル提案 ──
Other Titles: Practice of Mixed Learning (Passive Learning & Active Learning) in the “Bridal Education Class” ── Current Issues and Suggestions to New “Bridal Educations” and New “Bridal Styles” in the Era of COVID ─19 ──
Authors: 森川, 幸紀雄
Yukio, Morikawa
Keywords: パッシブラーニング
アクティブラーニング
混合授業スタイル
ブライダル教育
ユニバーサル・ウェディング
Issue Date: 20-Dec-2020
Publisher: 高崎商科大学メディアセンター
Citation: 高崎商科大学紀要.35.117-128
Abstract: 本論の主旨及びその研究目的は、大別して以下の 3 点である。第 1 に本学現代ビジネス学科におい て、筆者の担当科目である「ブライダル総論」及び「ブライダルマーケティング」、また同時に課外活 動である「模擬ブライダル」及び夏期集中の実習科目である「ブライダルプロデュース」の講義・演習 内容を体系的にまとめ、それらの科目の相互作用を視覚化し、未だ「ブライダル教育」において確立さ れていない教育方法論のひとつを提示することである。第 2 に、「ブライダル科目」を受講する本学学 生たちのより積極的関心・意欲・態度をもたらす授業スタイルとして、受動的学修(パッシブラーニン グ:Passive Learning)と能動的学修(アクティブラーニング:Active Learning)との混合授業スタイ ル(Mixed Learning)を用いるより実践的な「ブライダル教育」方法について考察する。第 3 に現在も 続くコロナ禍において、今後の With コロナ時代に適応した「ブライダル教育」のあり方とブライダル 業界での新型コロナウイルス感染症対策や挙式スタイルについて考察し、新たな挙式スタイルを提示し ていくことである。
URI: http://hdl.handle.net/10087/13634
ISSN: 1347-703X
Appears in Collections:第35号(2020)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
12_TKSKIYO35-Morikawa.pdf3.83 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback