DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
高崎商科大学(Takasaki University of Commerce) >
01 高崎商科大学紀要 >
第35号(2020) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/13636

Title: 医療事務の学習における 遠隔授業のあり方についての考察 ── コロナ禍での新しい授業の形 ──
Other Titles: A Study of Ideal Way of Teaching Classes Remotely on Medical Assisting ── A New Style of Classes During the COVID-19 Pandemic ──
Authors: 下田, 順子
Junko, Shimoda
Keywords: YouTubeによる遠隔授業
Issue Date: 20-Dec-2020
Publisher: 高崎商科大学メディアセンター
Citation: 高崎商科大学紀要.35.155-166
Abstract: 新型コロナウィルス(1)の感染予防のため、2020年度前期は対面による授業を行なうことが困難とな り、医療事務の授業においてはYouTube による遠隔授業を導入した。そこで、YouTube の特性を踏ま え、学生が内容を理解しやすい授業を提供するためには①スピードや音量に留意した説明、②パワーポ イントの活用、③課題の課し方の見直し、④学習支援SNS「Melly」を利用した質疑応答、以上の4 点 が有効ではないかという仮説を立て、これらの仮説に基づいた授業動画の収録・YouTube による授業 の配信を行った。その結果(当該授業を履修した学生を対象として実施したアンケート結果)を基に仮 説を検証し、今後の授業のあり方に役立てようとするものである。
URI: http://hdl.handle.net/10087/13636
ISSN: 1347-703X
Appears in Collections:第35号(2020)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
15_TKSKIYO35-Shimoda.pdf8.71 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback