DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第11巻 >
東京福祉大学・大学院紀要11巻1-2合併号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/13678

Title: 保育者養成校の学生の自尊感情に関連する大学コミットメントの重要性 –COVID-19パンデミック時における調査を経て–
Other Titles: Impact of University Commitment on Student’s Self-esteem in a Preschool Teacher Facility -Survey During the Period of COVID-19 Quarantine-
Authors: 戸次, 佳子
Keywords: 保育者育成
授業科目への取り組み意欲
大学コミットメント
保育者効力感
自尊感情
COVID-19
Issue Date: 24-Jan-2022
Abstract: 本研究は、保育者養成校の学生の授業科目への取り組み意欲、大学コミットメント、保育者志望度、保育者効力感および自尊感情との関連を検討することを目的として、2019年に2年生89名と3年生80名(第一次調査)、2020年に3年生70名(第二次調査)を対象とした質問紙調査を分析検討した結果に基づいている。3年生はいずれも保育実習を経験しており、2年生は実習が未経験であった。分析の結果、第一次調査・第二次調査のいずれにおいても、実習を経験した3年生は、保育系授業科目への取り組み意欲が、大学コミットメントを媒介することにより保育者効力感を上昇させ、保育者効力感を媒介することにより自尊感情を上昇させることが明らかになった。本研究は、COVID-19パンデミック期間において、大学の授業が全てオンラインで実施された時期の調査を経て分析されたものであるが、パンデミック時特有の状況を反映した貴重な調査結果が得られたと考える。
URI: http://hdl.handle.net/10087/13678
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:東京福祉大学・大学院紀要11巻1-2合併号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
11-1-3_原著_戸次先生_2校_校了.pdf1.18 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback