DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
共愛学園前橋国際大学(Kyoai Gakuen University) >
共愛学園前橋国際大学論集 >
第22号(2022年) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/13863

Title: 外国人児童の言語的多様性を生かす実践 ―外国人児童の母語を体験する活動の意義―
Other Titles: Practical Report to Harness the Linguistic Diversity of Foreign Children: Significance of Activities Involving Experiencing Foreign Children's Native Language
Authors: 古川, 敦子
内門, 香代子
横田, こずえ
Keywords: 外国人児童
言語的多様性
外国人児童の母語
多言語会話体験
関係性構築
Issue Date: 31-Mar-2022
Publisher: 共愛学園前橋国際大学
Abstract: 外国人児童の教育においては、日本語指導や学校への適応指導の充実だけではなく、在籍学級の学習活動への参加が重要な課題となる。外国人児童が学級に受け入れられるためには、在籍学級の子どもたちとの関係性構築、外国人児童の文化的・言語的多様性の理解も必要だと考えられる。本稿で報告する実践は、外国人児童と在籍学級の児童との交流と相互理解の促進を目指して、外国人児童の母語での簡単な会話をクラス全員で体験する活動を日本語指導担当教員と在籍学級担任が協働で行ったものである。本稿では、まずその実践を計画した経緯と実践の内容を報告する。そして実践後の児童の感想、および担任教員に対するインタビュー調査から、本実践の目的の達成度を検証し、実践の意義と課題について考察する。
Description: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10087/13863
Appears in Collections:第22号(2022年)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2022-furukawa.pdf630.16 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback