DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.57 (2007) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/1510

Title: 疼痛の緩和ケアにリン酸コデインを用いた筋萎縮性側策硬化症の一例
Other Titles: A Patient with Amyotrophic Lateral Sclerosis
Authors: 大竹, 弘哲
長嶋, 和明
田中, 聡一
Keywords: ALS
オピオイド
リン酸コデイン
緩和ケア
ALS
pain
opioid
codein
palliative care
Issue Date: 1-Feb-2007
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 57(1), 49-52 (2007)
Abstract: 症例は73歳女性. 左上肢の筋力低下にて発症. 歩行障害が現れ, 筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断. 後に構 音障害と嚥下障害が現れ, 進行した. 患者本人とその家族共に延命治療を希望されなかった. 左上肢を中心に 疼痛を訴えるようになり, 緩和ケアとしてリン酸コデインを開始して45日目に永眠された. 日米の神経学会 治療ガイドラインで, ALS末期の疼痛緩和にオピオイドの使用を勧めている. 筋萎縮に伴って体重が減少す るALS末期で, 欧米に比べ体格の小さい本邦の患者において, 強オピオイドではなくリン酸コデインから緩 和ケアを開始することを検討すべきである.
URI: http://hdl.handle.net/10087/1510
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.57 (2007)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
57_49.pdf276.27 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback