DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第24巻 (2004) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/1571

Title: HardyのTo Please His Wifeをめぐって
Other Titles: An Essay on Hardy's To Please His Wife
Authors: 大桃, 道幸
Keywords: 結婚
階級
教育
出世
野心
marriage
class
education
advancement in life
ambition
Issue Date: Mar-2004
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 24, 103-110 (2004)
Abstract: トマス・ハーディの短編小説To Please His Wifeは, 野心のために夫と二人の息子を失った女性ジョアンナの半生を描いた作品である。ハーディの短編小説は長編小説に比べ, 過小評価されてきた嫌いがあり, To Please His Wifeもまたその例に漏れず, 因果応報, 自業自得の単純な物語として片付けられがちである。しかしながら, 小説家ハーディの円熟期に書かれたこの作品はその簡潔なペーソスあふれる筋立ての中に, 結婚, 階級(意識), 野心, 教育, 出世といった同時期に書かれた長編小説に共通するテーマが織り込まれていて, ハーディ文学を理解する上で見落とせない作品となっている。ハーディはまた, 主人公のジョアンナを野心のために身を滅ぼした一人の愚かな女性から〈船乗りの妻〉という普遍的な悲劇のヒロインへと高めることにより, To Please His Wifeを時空を超えた感動的な悲劇的作品にしている。
URI: http://hdl.handle.net/10087/1571
ISSN: 13434179
Appears in Collections:第24巻 (2004)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004255467.pdf796.14 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback