DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第23巻 (2003) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/1594

Title: 自家抹消血幹細胞移植患者におけるSATI・危機モデルに基づいた看護の検討 : クリーンルーム入室前後の分析
Other Titles: Nursing before and after Patients with Autologus Peripheral Stem Cell Transplantation Enter Clean Room : Study using STAI and Crisis Model
Authors: 石坂, 邦枝
阿久澤, 由里
五十里, 美保
田中, 倫子
藤野, 文代
Keywords: 自家抹消血幹細胞移植患者
がん看護
クリーンルーム
危機モデル
STAI(State-TraitAnxietyInventory)
autologus peripheral blood stem cell transplantation patients
cleanroom
cancer nursing
crisis model
Issue Date: Mar-2003
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 23, 69-75 (2003)
Abstract: 研究目的は,自家末梢血幹細胞移植を受ける患者のクリーンルーム入室前後の危機状態について明らかにし,State-Trait Anxiety Inventory (STAI)との関連を検討することである。研究対象は研究に同意が得られた自家抹消血幹細胞移植を受ける患者5名。研究方法は,クリーンルーム入室前日,自家末梢血幹細胞移植後1日目(比較的体調が落ちついていると予測される),クリーンルーム退室後1日目に,STAIを使用し,経時的に調査を行った。また,Finkの危機モデルに基づく質問用紙を独自に作成し,クリーンルーム入室前・退室後に面接を行い,身体的・精神的状況を分析した。その結果,5名のうち3名はSTAI得点に変化がなく,2名は得点が高くなっていた。危機状態は,5名とも入室前から承認・適応の段階にあったが,移植と副作用に関する言動も多く不安や危機感を訴えていた。退室後においては個人を取り巻く環境と,疾患に対する理解により,衝撃から適応まで危機段階にばらつきを認めた。本研究から,自家末梢血幹細胞移植における患者の看護は,入室前後の不安と危機状態を把握し,個別に対応することが重要であると示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10087/1594
ISSN: 1343-4179
Appears in Collections:第23巻 (2003)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000697513.pdf636 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback