DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第23巻 (2003) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/1595

Title: 化学療法を受ける肺癌患者の心理的変化に関する研究 : Profile of Mood States (POMS),危機質問用紙による分析
Other Titles: Psychological Changes of Patients Receiving Lung Cancer Chemotherapy : Analysis Using POMS and Crisis Questionnaire
Authors: 吉田, 奈央
佐藤, 香代子
木内, 智美
林, 由加子
奈良, 美由紀
佐藤, 玲子
宮原, ゆき江
田中, 倫子
藤野, 文代
Keywords: 肺癌患者
化学療法
危機
がん看護
Profile of Mood States(POMS)
lung cancer patients
chemotherapy
crisis
cancer nursing
Issue Date: Mar-2003
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 23, 63-68 (2003)
Abstract: [研究目的]肺癌化学療法を受けている患者の心理的変化を明らかにすることである。[研究方法]調査対象は,肺癌のために化学療法を受ける患者で研究参加に同意を得た6名。方法は(1)フィンクの危機モデルを基に作成された藤野の項目を参考にした危機質問紙,(2)市賑のProfile of Mood States (POMS)質問紙(金子書房)を用いた。(1)(2)を用いて,化学療法開始前日を1回目とし,2回目(7日目),3回目(14日目),4回目(21日目)の計4回,購査を行った。症状や治療経過や受け止め方についてはカルテ・看護師から情報を得た。[研究結果]対象6名の年齢は40代から70代で,性別は男性が5名,女性が1名であった。全員に肺癌関連症状が見られ,さらに化学療法に伴う副作用症状も認めた。 POMS得点は「抑うつ」尺度,「混乱」尺度が経過に伴い低下していたが,「怒り・敵意」尺度の毎回の平均値は変化を認めなかった。「疲労」尺度は1, 2, 3回目と比べ,4回目に低下していた。調査の3,4回目における危機段階は,4名が適応の段階に達し,2名が承認の段階であった。
URI: http://hdl.handle.net/10087/1595
ISSN: 1343-4179
Appears in Collections:第23巻 (2003)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000697512.pdf560.01 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback