DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第20巻 (2000) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/1670

Title: 3年次評価実習の負担内容と対処行動
Other Titles: The Contents of Psychological Burdens and the Coping Skills with Difficulties in the Occupational Therapy Fieldwork
Authors: 徳江, 与志子
岩崎, 清隆
小林, 夏子
山勝, 裕久
松房, 利憲
柴田, かおり
Keywords: 評価実習
対処行動
一般健康調査
occupational therapy fieldwork experience
coping skills
General Health Questionnaire
Issue Date: Mar-2000
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 20, 29-34 (2000)
Abstract: 作業療法学専攻3年生19名を対象に第I期評価実習の負担,実習期間での健康状態,対処行動を明らかにすることを目的に調査を行った。評価実習の負担は,検査・評価実施(78.8%),問題点の把握・列挙(73.6%),評価計画(73.6%),課題の遂行(73.6%),スーパーバイザーとの人間関係(62.5%),スーパーバイザーへの報告(52.5%)であった。ストレス対処方法として,「自己非難」は,「あてはまる」を68.4%が,「問題中心対処」と「希望的観測」は,「あてはまる」「よくあてはまる」を半数が選択していた。
URI: http://hdl.handle.net/10087/1670
ISSN: 1343-4179
Appears in Collections:第20巻 (2000)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004426557.pdf645.39 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback