DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第18巻 (1998) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/1686

Title: カドミウムによるマウス臓器のメタロチオネインの発現
Other Titles: Expression of Metallothionein mRNA in Cadmium Treated Mice
Authors: 中里, 享美
鈴木, 慶二
中嶋, 克行
Issue Date: Mar-1998
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 18, 43-47 (1998)
Abstract: カドミウム投与によるマウス諸臓器のメタロチオネイン(MT)の発現について,免疫染色,in situ hybridization法,Northern blot hybridization法を用いて検討した。免疫染色では,無処置マウス諸臓器はMT軽度陽性または陽性を示し,Cd投与後に染色性の増強を認めたが,特に腎尿細管上皮で染色性の増強が強かった。また,MT-I mRNAは無処置マウス肝,腎で多量認められ,Cd投与後の増加は緩やかであったが,MT-II mRNAは無処置マウス肝,腎に少量しか認められず,Cd投与後の増加は急激であった。これらの結果より,Cd投与に対するMTの解毒作用は,最初にMT-Iが弱く,ついでMT-IIが強く関与して行うものと考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/10087/1686
ISSN: 1343-4179
Appears in Collections:第18巻 (1998)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004426508.pdf2.48 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback