DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第18巻 (1998) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/1688

Title: MRIによるMotor Impersistenceの責任病巣の検討
Other Titles: A Study of Brain Lesion Causing Motor Impersistence
Authors: 酒井, 保治郎
山口, 晴保
中村, 多美子
桜井, 篤志
平井, 俊策
Issue Date: Mar-1998
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 18, 49-53 (1998)
Abstract: 脳血管障害,脳炎などの脳の局所病変で入院した220症例を対象に,motor impersistence (MI)の有無を調べた。MIは9例で陽性であったが,すべて脳梗塞の症例であった。これは全体の約4.1%,脳血管障害の約5.6%に相当した。外来のMI陽性の脳出血後遺症の1症例を加え,10症例のMRI画像からMIの責任病巣を検討した。その結果,責任病巣は劣位半球のBrodmannの第6,8野の中で,中大脳動脈の潅流域で,しかも前大脳動脈潅流域に近い領域の皮質ないし皮質下白質であったが,主体は皮質下白質と考えられた。MIの発現にはこの部位での神経線維のdisconnectionが関与している可能性が示された。
URI: http://hdl.handle.net/10087/1688
ISSN: 1343-4179
Appears in Collections:第18巻 (1998)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004426509.pdf769.46 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback