DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第18巻 (1998) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/1689

Title: 朝型・夜型の行動特性と喫煙行動の日内変動
Other Titles: Morningness-Eveningness and the Circadian Rhythms in Smoking Behavior
Authors: 椎原, 康史
宮本, 正典
中島, 政美
宮崎, 順史
中宮, 敏之
児玉, 昌久
Keywords: Skin Potential
Morningness-Eveningness
Arousal
Smoking
Issue Date: Mar-1998
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 18, 23-28 (1998)
Abstract: 朝型・夜型の行動特性と喫煙行動における日内変動の関連を明らかにするため,23名(男性14名,女性9名,28.17±11.98歳)の被験者で24時間の携帯型皮膚電位記録(C-SPA)と喫煙マーカーの同時記録を行った。喫煙頻度の日内変動を夜型14名と中間型9名に区分して比較すると,喫煙頻度の日内変動では睡眠時間帯のずれを反映して互いに平行な変動曲線を示した。両型とも喫煙開始時の覚醒水準が高いほど,喫煙後のSPAの変化量(5,10,15,30分後)は減少する方向に変化したが,夜型では覚醒水準が高いときに起こる喫煙の比率が高く,特に夜間の喫煙は高い覚醒水準で生じていた。
URI: http://hdl.handle.net/10087/1689
ISSN: 1343-4179
Appears in Collections:第18巻 (1998)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004426505.pdf566.08 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback