DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
20 社会情報学部 >
0001 群馬大学社会情報学部研究論集 >
第10巻 (2003) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/2335

Title: Bleak HouseにおけるBucket警部の情報収集
Other Titles: Inspector Bucket's Way of Gathering Information in Bleak House
Authors: 福島, 光義
Issue Date: 31-Mar-2003
Publisher: 群馬大学社会情報学部
Citation: 群馬大学社会情報学部研究論集. 10, 1-13 (2003)
Abstract: 19世紀に、社会を理解する事の可能性への懐疑や不信が増大し、結果として、知る事の出来る関係と、知る事の出来ない社会との間に亀裂が生じている。Charles Dickensは彼の後期の小説の一つBleak House(1852-53)において、共同社会認識の危機に対して重要な反応を示している。Dickensはロンドンの警察力の集合的な力と情報を描き、Bucketという人物を通じて社会についての新しい形の認識を表明している。Bucket は特別に注目を引く人差指を与えられており、それはグロテスクな描かれ方をしている。本論文は、Bucketの人差指によって代弁される社会共同体の構造を分析し、又捜査中におけるBucketの独特の情報収集方法を探り、最後に、公私両面におけるBucketの他の人達への親切な態度や人間味について分析している。
URI: http://hdl.handle.net/10087/2335
ISSN: 1346-8812
Appears in Collections:第10巻 (2003)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000696938.pdf930.59 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback