DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
20 社会情報学部 >
0001 群馬大学社会情報学部研究論集 >
第11巻 (2004) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/2400

タイトル: Kはなぜ死んだのか : 漱石『こころ』再論
その他のタイトル: Why did K Commit Suicide? : Reconsideration of Soseki Natsume's Kokoro
著者: 山内, 春光
発行日: 2004年3月31日
出版者: 群馬大学社会情報学部
引用: 群馬大学社会情報学部研究論集. 11, 107-127 (2004)
抄録: 瀬石『こころ』のKはなぜ自殺したのかという問題は、以前の拙稿(1999年)で、他のいくつかの問いと共にとりあげたことがあったが、そこでの議論は不十分であった。本稿はこの問題を、日本倫理思想史の全体にてらして再考する。Kは真宗の教義としての阿弥陀崇拝に、殉ずる形で死んだのではなかったろうか。それは、まさに彼の生家の宗旨として信仰され続けていたものでもあった。
URI: http://hdl.handle.net/10087/2400
ISSN: 1346-8812
出現コレクション:第11巻 (2004)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004243348.pdf1.63 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください