DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
90 総合情報メディアセンター >
学術雑誌論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/2959

Title: 確率過程によるLANトラヒックのモデル化における一考察
Other Titles: Note on Modeling for LAN Traffic by Stocastic Process
Authors: 上田, 浩
奈須野, 裕
岩谷, 幸雄
五十嵐, 隆治
木下, 哲男
Issue Date: 15-Feb-2007
Publisher: 情報処理学会
Citation: 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用. 48(SIG_2(TOM_16)), 167-174 (2007)
Abstract: 東北大学電気通信研究所の基幹ネットワークスイッチの実測トラヒックを確率過程としてとらえ, ネットワーク状態と自己相似性の強弱を示すHurstパラメータの関連について, ネットワークアプリケーションごとに検討を試みた. その結果, HTTPなどバースト性の高いトラヒックのHurstパラメータは高く, FTPなど一様なトラヒックのそれは低いことが分かった. さらに, 長期間のトラヒックデータから推定したHurstパラメータは一定の備に収まっており, ネットワーク状態の変化に追随してHurstパラメータが変化する場合があることが分かった.
URI: http://hdl.handle.net/10087/2959
ISSN: 0387-5806
Appears in Collections:学術雑誌論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
mps58-tom16.pdf876.07 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback