DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
82 国際センター >
8201 群馬大学留学生センター論集 >
第7号 (2008) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/3067

Title: チェチェン革命とドゥダーエフ体制
Authors: 野田, 岳人
Keywords: チェチェン
イングーシ
紛争
革命
ナショナリズム
脱共産化
Issue Date: Mar-2008
Publisher: 群馬大学留学生センター
Citation: 群馬大学留学生センター論集. 7, 61-86 (2008)
Abstract: 本稿は、チェチェン紛争の前史として、チェチェン革命に至る道程(1989~91年)からドゥダーヘフ体制の成立(1991~93年)、その崩壊(1993~94年)までの時期を対象とし、チェチェン・ナショナリズムの観点からチェチェンにおける政治状況を分析しようとするものである。チェチェンにおけるナショナリズムは、チェチェン革命期には、チェチェン・イングーシをまとめた統一体を目指したヴァイナフ主義から、単独で独立を目指すチェチェン主義へ転換する。ドゥダーエフ体制が成立した後には、アイデンティティの範囲はさらに縮小し、最終的にはチェチェン人の間の集団間政治へ陥る。こうしたアイデンティティの範囲の縮小は、脱共産化の過程においてさらに促進させられる。本稿では、まず、チェチェン・ナショナリズムの特徴を分析し、次にチェチェン革命におけるナショナリズムの果たした役割を見る。最後に、ドゥダーエフ体制下における集団間政治を考察する。
URI: http://hdl.handle.net/10087/3067
ISSN: 1346-1605
Appears in Collections:第7号 (2008)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
GUNRYU05.pdf3.79 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback