DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
82 国際センター >
8201 群馬大学留学生センター論集 >
第7号 (2008) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/3068

Title: アジア人財資金構想事業対応日本語コース報告 ―コース立ち上げ期のカリキュラム編成について―
Other Titles: Japanese Course for Career Development Program for Foreign Students from Asia: On the Design of the Curriculum at the beginning of the term
Authors: 俵山, 雄司
Keywords: アジア人財資金構想
カリキュラム
日本語補講コース
評価
Issue Date: Mar-2008
Publisher: 群馬大学留学生センター
Citation: 群馬大学留学生センター論集. 7, 87-96 (2008)
Abstract: 群馬大学留学生センターでは、アジア人財資金構想事業「先進・高度ものづくりリーダー育成」プ ログラムの採択を受けて、桐生キャンパスに平成19年10月アジア人財資金構想プログラム対応日本語 コースを開講した。本稿では、まず、平成19年度のアジア人財資金構想プログラムへの留学生の採用 状況について触れた後、本コースのカリキュラムについて、編成の方針と実際のデザイン、従来の研 修日本語コースとの関連について詳細を述べる。また、本コースの学生の評価の方法について説明し、 最後に今後の課題とその対策について述べる。
URI: http://hdl.handle.net/10087/3068
ISSN: 1346-1605
Appears in Collections:第7号 (2008)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
GUNRYU06.pdf345.48 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback