DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.56 (2006) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/3113

Title: 認知症高齢者の買い物・金銭管理ケアプログラムにおける行動特性
Other Titles: Behavior Characteristics in Shopping and a Money Management of Dementia Senior Citizens
Authors: 町田, 久美子
内田, 陽子
小谷, 弥生
Keywords: 認知症
IADL
買い物
金銭管理
行動評価
dementia
shopping
financial
management
behavior assessment
Issue Date: 1-Aug-2006
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto Medical Journal. 56(3), 225-230 (2006)
Abstract: 【目 的】 本研究の目的は, 認知症高齢者の買い物・金銭管理におけるできる・できない行動特性を明らかにすることである. 【対象と方法】 対象はBグループホーム入所者及びC認知症専用デイサービス利用者22人である. 方法は野菜や果物等の実物, 魚や肉などのフードモデルを使用して模擬店を開催し, 2000円以内で今晩のおかずの買い物をしてもらった. 評価は一連の買い物・金銭管理行動の構成要素を手順化し, チェックリストを作成して観察記録した. チェックリストの項目は『準備』『選択・判断』『支払い』の大項目と, 大項目の行動を分類した合計30個の小項目から構成されている. 【結 果】 できた行動は, 30項目中9項目で『選択・判断』が最も多かった. できなかった行動は, 30項目中1項目のみで「かごを持ち歩きながら買い物をする」ことであった. 【結 語】 認知症高齢者ができる買い物・金銭管理行動特性を活かして, 日常生活で実際に繰り返し実践することが重要である.
URI: http://hdl.handle.net/10087/3113
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.56 (2006)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
56_225.pdf363.95 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback