DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
82 国際センター >
8201 群馬大学留学生センター論集 >
第6号 (2006) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/3116

Title: 「だから」と「それで」と「そこで」の使い分け
Other Titles: How to Use Japanese Conjunctions ; dakara, sorede and sokode
Authors: 萩原, 孝恵
Keywords: だから
それで
そこで
特徴
違い
dakara
sorede
sokode
features
differences
Issue Date: Oct-2006
Publisher: 群馬大学留学生センター
Citation: 群馬大学留学生センター論集. 6, 1-11 (2006)
Abstract: 本稿は、日本語学習者にとって難しい「だから」「それで」「そこで」という意味の類似した接続詞 を取り上げ、どの接続詞を使うとどのような意味に解釈されるのかという観点で、その特徴と違いを 論じた。まず先行研究で共通して述べられている特徴を整理し、それぞれの接続詞の枠組を規定した。 その規定と先行研究における用例を基に、実際に学習者が書いた「だから」と「それで」と「そこで」 の文を分析した。分析結果から、「だから」という接続詞がもたらす意味の効力、「だから」「それで」 「そこで」に共通する特徴と違い、文の関係、前件・後件にくる内容を具体的に提示した。また、伝 達される/解釈される意味の観点から「だから」の使い方を規定した。意味が重複する「それで」と 「そこで」の使い分けについては、それぞれの接続詞を文の中で置き換えることによって検討し、文 として成立するための条件と特徴を明示した。
URI: http://hdl.handle.net/10087/3116
ISSN: 1346-1605
Appears in Collections:第6号 (2006)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
GUNRYU01.pdf335.1 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback