DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
82 国際センター >
8201 群馬大学留学生センター論集 >
第6号 (2006) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/3122

Title: Soldiers against Orders : A Radical Form of Civil Disobedience?
Other Titles: 軍人による不服従
Authors: Ichikawa, Hiromi
Issue Date: Oct-2006
Publisher: 群馬大学留学生センター
Citation: 群馬大学留学生センター論集. 6, 51-59 (2006)
Abstract: 二つの大戦を経験した世界は、一般の兵士や官吏が、幾多の残虐行為を命令に従って遂行していた ことに衝撃をうけた。戦後、国際法上は、違法なあるいは非人道的な命令には従わない権利のみなら ず義務が、個々人にあるとされるようになった。軍隊では、命令服従関係が基本的な原理である。軍 隊内という国家の政策が執行される最先端での不服従は、国内法上は違法とされている。本稿では、 軍人による「急進的な」不服従について、市民的不服従の理念から位置づける。
URI: http://hdl.handle.net/10087/3122
ISSN: 1346-1605
Appears in Collections:第6号 (2006)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
GUNRYU06.pdf231.05 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback