DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
20 社会情報学部 >
0001 群馬大学社会情報学部研究論集 >
第15巻 (2008) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/3130

Title: G. Ritzerにおける合理性の問題 ―マクドナルド化理論の外延と内包―
Other Titles: A Problem of Rationality in G. Ritzer : Denotation and Connotation of McDonaldization Theory
Authors: 伊藤, 賢一
Keywords: マクドナルド化
合理性
合理化
ウェーバー
マンハイム
Issue Date: 31-Mar-2008
Publisher: 群馬大学社会情報学部
Citation: 群馬大学社会情報学部研究論集. 15, 13-23 (2008)
Abstract: マクドナルド化理論を提唱した G.Ritzer は、Weber と Mannheim の合理性概念を基礎にして自ら の理論を構築したと述べている。マクドナルド化とは、Weber が描いた西洋近代の合理化プロセスの 現代的な形態であるとされるが、その意味しているところは必ずしも明瞭ではない。本論文は、Ritzer が Weber と Mannheim の合理性概念をどのように受容しているのかという点に注目することで、こ の理論が意味するものを明確化することを目指すものである。
URI: http://hdl.handle.net/10087/3130
ISSN: 1346-8812
Appears in Collections:第15巻 (2008)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
GJOHO-02.pdf438.78 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback