DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.58 (2008) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/3352

Title: 各種口腔ケアの効果に関する検討 ―口腔常在菌を指標として― 第2報各種含嗽剤による含嗽効果の検討
Other Titles: The Study on the Oral Bacteria Decreasing Effect of Various Oral Care Methods :The Drug Efficacy of Gargle Solutions II. Studies on the Oral Bacteria Reducing Effect of Various Gargles
Authors: 神野, 恵治
茂木, 健司
笹岡, 邦典
根岸, 明秀
Keywords: 含嗽剤
水道水
ポピドンヨード
薬用リステリン(R)
口腔常在菌
gargle
povidone-indine
Listerine(R)
oral bacteria
Candida
Issue Date: 1-Feb-2008
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 58(1), 1-7 (2008)
Abstract: 【背景・目的】先に著者らは口内貯留による各種含嗽剤の薬剤効果を報告した. 今回は含嗽という機械的清 掃行為が加えられた場合の一般細菌, カンジダを減少させる効果について検討した. 【対象と方法】健常成 人18名に対し, 水道水,薬用リステリン(R)(青色)原液, 2倍希釈液, 4倍希釈液, 薬用リステリン(R)(黄色)原液, 2倍希釈液, 4倍希釈液, ポピドンヨード30倍希釈液, ハチアズレ(R), 3%過酸化水素水, ネオステリン・グリー ン(R)50倍希釈液おのおの30mlを含嗽後の唾液を検体とし, 一般細菌, カンジダの培養後, 含嗽剤作用前後の コロニー数を比較した. 【結果】一般細菌は, 含嗽前では全例から検出されたが, 含嗽後では50.0~100% で減少した. カンジダは, 含嗽前では23.0~38.0%に検出され, 含嗽後では40.0~100%で減少していた. いず れも薬用リステリン(R)(青色) 原液, ポピドンヨード30倍希釈液の減少率が高かった. 【結語】含嗽剤を用 いて含嗽することにより, 一般細菌, カンジダを減少させる効果が認められ, 特に薬用リステリン(R)(青色) 原 液, ポピドンヨード30倍希釈液の効果が高かった.
URI: http://hdl.handle.net/10087/3352
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.58 (2008)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
58_1.pdf346.54 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback