DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.58 (2008) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/3531

Title: メフロキンの最大量投与が有効であった熱帯熱マラリアの一例
Other Titles: A Case of Falciparum Malaria Successfully Treated with Maximum Dose of Mefloquine
Authors: 田口, 亮
最上, 恭至
奥, 裕子
佐藤, 浩子
大山, 良雄
川田, 悦夫
田村, 遵一
鈴江, 一友
野崎, 智義
Keywords: 熱帯熱マラリア
メフロキン
薬剤耐性マラリア
falciparum malaria
mefloquine
drug resistant malaria
Issue Date: 1-Aug-2008
Publisher: 北関東医学会
Abstract: 症例は37歳男性マリ人. 来日後7日目に発熱, 咽頭痛,水様性下痢にて発症した. 血液検査では貧血と血小 板減少を認め, 母国マリ共和国への渡航歴からマラリア感染を疑い, 末梢血塗末標本にて原虫を確認し, 熱帯 熱マラリアと診断した. メフロキンを治療薬として選択し, 1,650mg の最大量投与にて治療を開始したとこ ろ, 速やかな解熱と全身状態の改善を認めた. 熱帯熱マラリアは容易に重症化や死亡に至る疾患であるため 迅速な治療開始が必須であると同時に, 薬剤耐性マラリアを考慮した適切な治療薬の選択が重要である.
URI: http://hdl.handle.net/10087/3531
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.58 (2008)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
58_311.pdf284.63 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback