DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.57 (2007) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/3910

Title: 後腹膜放線菌症の1例
Other Titles: A Case of Retroperitoneum Actinomycosis
Authors: 野田, 大地
佐藤, 尚文
高井, 良樹
尾形, 敏郎
五十嵐, 清美
井上, 昭彦
本間, 学
前原, 康延
Keywords: 放線菌症
腹部
後腹膜

actinomycosis
abdomen
retroperitoneum
stomach
Issue Date: 1-Nov-2007
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 57(4), 311-316 (2007)
Abstract: 症例は57歳の男性. 不整脈, 高血圧にて通院治療中に上腹部, 背部の重圧感, 上腹部痛, 貧血の進行を認め た. CT で左後腹膜に6.4×6.4×4.3cmの周囲臓器に浸潤する辺縁の不明瞭な腫瘤を認めた. 上部消化管内視 鏡で胃体上部後壁に発赤, 粘膜肥厚, 壁の変形, 白苔の付着を認めた. 後腹膜原発の間葉系悪性腫瘍を疑い手 術を施行. 後腹膜腫瘍切除, 左腎, 左副腎, 噴門側胃, 膵体尾部, 脾, 横行結腸, 空腸合併切除を行った. 術後の10 日目に病理組織学的検索で放線菌症の診断を得, 退院日である術後21日目までPIPCとAMKを使用した. 術後2年を経過した現在再発徴候は認めない. 確定診断は困難であることが多いが腹部腫瘤の鑑別疾患のひ とつとして留意する必要がある.
URI: http://hdl.handle.net/10087/3910
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.57 (2007)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
57_311.pdf578.3 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback