DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.59 (2009) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/4809

Title: Whirl signを認めなかった原発性小腸軸捻転症の1例
Other Titles: Adult Primary Volvulus of the Small Intestine, without the “Whirl Sign” on Abdominal Computed Tomography
Authors: 山田, 達也
宮前, 洋平
北原, 信介
小川, 晃
山﨑, 穂高
中村, 正治
竹吉, 泉
Keywords: 原発性小腸軸捻転症
成人
短腸症候群
whirl sign
radial distribution
primary volvulus of small intestine
adult
radial distribution of mesentery
short bowel syndrome
Issue Date: 1-Aug-2009
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 59(3), 269-273 (2009)
Abstract: 症例は38歳, 未婚女性. 突然に発症した強い腹痛で救急搬送された. 既往歴に特記事項無し. 腹部造影CT で, 中等量の腹水と骨盤内小腸の拡張像を認めた. 絞扼性腸閉塞症と診断し, 迅速に緊急手術を施行した. 900mlの血性腹水を認め, 小腸が小骨盤内で時計回りに180度捻転し, Treitz 帯から180cm~400cmの腸管 が壊死に陥っていたため, 切除を余儀なくされた. 癒着, 索状物, 腸回転異常などの二次的要因を認めず, 原発 性小腸軸捻転症と診断した. 術後の検証で, 術前CT では原発性小腸軸捻転症に特徴的とされる腸間膜の渦巻 き像(whirl sign)を認めず, 一方で腸間膜の放射状の引きつれ像(radial distribution)を認めた. 術後経過は良 好で, 短腸症候群の症状もなく, 第17病日に軽快退院した. 二次的要因によらない, 成人の原発性小腸軸捻転症は, 本邦ではまれな疾患である. 捻転角度が小さい場合, 特徴的なCT 所見であるwhirl signを示さない場合もあることを示す点で, 貴重な症例と思われた.
URI: http://hdl.handle.net/10087/4809
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.59 (2009)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
59_259.pdf574.94 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback