DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
20 社会情報学部 >
0001 群馬大学社会情報学部研究論集 >
第17巻 (2010) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/5082

タイトル: 欧米で鯨が特別視される理由の批判的考察
その他のタイトル: A Critical Consideration of the Reasons Why Whales are Seen as Special Creatures in the West
著者: 河島, 基弘
発行日: 2010年3月31日
出版者: 群馬大学社会情報学部
引用: 群馬大学社会情報学部研究論集.17, 1-17 (2010)
抄録: Nowadays, many people call themselves animal lovers. Stories of the maltreatment of animals are reported sensationally by the press to attract wide public attention. But all animalsare not paid the same attention: the killing of some animals draws more sympathy than others; the experimentation of some animals arouses more indignation than others. Whales are among those ‘chosen’ animals that are given special consideration, especially in the West. What makes whales so special in human eyes? Why whales, not other animals? In this article, I address these questions by critically examining the alleged uniqueness of whales proposed by a whale protec-tionist.
URI: http://hdl.handle.net/10087/5082
ISSN: 1346-8812
出現コレクション:第17巻 (2010)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
GJOHO17_01.pdf625.27 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください