DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
20 社会情報学部 >
0001 群馬大学社会情報学部研究論集 >
第17巻 (2010) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/5083

タイトル: 反捕鯨と抗議ビジネス ―環境保護団体の鯨保護キャンペーンの一側面―
その他のタイトル: Anti-Whaling and Protest Business―An Aspect of Environmental Organizations ‘Save the Whales’ Campaign―
著者: 河島, 基弘
発行日: 2010年3月31日
出版者: 群馬大学社会情報学部
引用: 群馬大学社会情報学部研究論集.17, 19-35 (2009)
抄録: This article explores the dynamics of contemporary environmental organizations, especially Greenpeace, focusing on their anti-whaling campaign―how they have capitalized on the whaling issue to their own interests, and what tactics they have employed to attract public attention. My main argument is that the anti-whaling campaign takes on an aspect of protest business, that is, the exploitation of an environmental cause as a means of raising donations. I demonstrate this by using interviews I conducted with those who have been involved in the issue and by analysing the documents of both pro and anti-whaling sides.
URI: http://hdl.handle.net/10087/5083
ISSN: 1346-8812
出現コレクション:第17巻 (2010)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
GJOHO17_02.pdf596.23 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください