DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第27巻 (2007) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/5196

Title: 場面想定法を用いた「患者の立場に立つ」思考内容の検討
Other Titles: Study of the contents of thought about“putting myself in the place of patient”by the scene imagination method - Preliminary survey in nursing students -
Authors: 林, 智子
Keywords: 患者の立場に立つ
視点取得
場面想定法
看護学生
原因帰属
putting myself in the place of patient
perspective taking
the scene imagination method
nursing students
causal attribution
Issue Date: Mar-2007
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 27, 33-41 (2007)
Abstract: 本研究の目的は「患者の立場に立つ」という看護師の思考過程が看護に有用であるかを 検証するための初段階として,看護学生の持つ思考内容を明らかにすることであった。看護系 大学3年生60名を対象に,質問紙法にて紙面の看護場面(糖尿病患者の間食への対応場面)を 提示してそれに対する回答を求めた。その結果,「『もし私が患者の立場だったら』と考えるこ とは患者の立場に立つことか否か」では,「肯定」が25名(41.7%),「否定」が16名(26.7%), 「どちらともいえない」が19名(31.7%)であった。また,その3つのグループ毎に「患者が 間食した原因の推測」「この場面での自分の対応予測」「患者の立場に立つに対する考え」にお けるサブカテゴリーの出現頻度を比較したところ,頻度の高いものが異なるという結果であっ た。このことから,「もし私が患者の立場だったら」に対する考え方の違いにより,原因推測 や患者への対応,患者の立場に立つ思考内容に違いのあることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5196
ISSN: 13434179
Appears in Collections:第27巻 (2007)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ27-033-041.pdf300.97 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback