DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第27巻 (2007) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/5197

タイトル: おむつ体験による学生の不快感の特徴と排泄ケアの学び
その他のタイトル: Learning from students’experiences with diaper: discomfort and excretion care
著者: 内田, 陽子
小泉, 美佐子
新井, 明子
キーワード: おむつ
排泄ケア
老年看護
学生
diaper
continence-care
gerotological nursing
student
発行日: 2007年3月
出版者: 群馬大学医学部保健学科
引用: 群馬保健学紀要. 27, 65-70 (2007)
抄録: 本研究の目的は,老年看護学教育においておむつ体験を導入し,この体験における学生 の不快感の特徴と排泄ケアの学びについて明らかにすることである。対象は,群馬大学2年生 164人の看護学生であり,排尿日誌の記載とおむつ装着して後始末までの不快感を調査票に記 入させた。おむつ体験は2回実施し,1回目は紙おむつと尿とりパッド,2回目は紙おむつの みの体験をしてもらった。結果,不快感が100%と高い事項は,排尿直後及び60分後のパッド を交換したい気持ちであった。2回目に有意に不快感が低下していたのは,スムーズな装着, 装着したときの違和感,尿意から排尿までの時間間隔等であった。学生の学びでは,排尿状況 の理解が深まった,おむつ装着者の身体的ケア,尊厳の保護,おむつのすばやい交換,排泄の 自立等がみられた。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5197
出現コレクション:第27巻 (2007)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ27-065-070.pdf269.59 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください