DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第27巻 (2007) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/5260

Title: パソコンを利用した半側空間無視の評価の試み -健常者による線分二等分試験の従来法とタッチパネル法の比較-
Other Titles: Trial Evaluations of Unilateral Spatial Neglect Using a Personal Computer -A Comparative Study of a Method Using a Touch Panel and a Conventional Segment Bisection Test in Normal Subjects -
Authors: 勝山, しおり
石田, 純一
酒井, 保治郎
Keywords: 半側空間無視
視空間失認
線分二等分試験
高次脳機能障害
パソコン
unilateral spatial neglect
visual spatial agnosia
segment bisection test
cognitive dysfunction
personal computer
Issue Date: Mar-2007
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 27, 87-94 (2007)
Abstract: 半側空間無視の発症のメカニズムとして,注意障害説,表象障害説などがあるが,その 本態は不明である。今回,パソコンを利用することにより,定量化,統一化が可能となり,か つ半側空間無視の病態解明に応用できるのではないかと考え,基礎検討を行った。従来,使用 されてきた線分二等分試験と等価なタッチパネルによる線分二等分試験法をVisual Basicで作 成した。健常者39名を対象に両者を比較検討し,本法は従来法と比して,同等以上の信頼性が あることが確認された(p<0.05)。また線分上でマーカーを動かし中央を視覚認知させるプ ログラム,マーカーを左端で点滅させ,注意を向けるプログラムも作成したので,半側空間無 視の患者を対象に評価ならびに治療効果の判定などに応用していきたい。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5260
ISSN: 13434179
Appears in Collections:第27巻 (2007)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ27-087-094.pdf282.94 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback