DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第28巻 (2008) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/5268

Title: 成人外来継続看護実習での人工腎臓センターにおける学生の学び
Other Titles: The learning of the student in the renal replacement center in the adult outpatient continuation nursing practice
Authors: 佐名木, 宏美
武居, 明美
堀越, 政孝
辻村, 弘美
田村, 良子
塚越, 聖子
神田, 清子
二渡, 玉江
森, 淑江
岡, 美智代
Keywords: 成人看護学実習
内容分析
実習記録
人工腎臓センター
外来継続看護実習
adult nursing practice
contents analysis
practice records
renal replacement center
outpatients continuation nursing practice
Issue Date: Mar-2008
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 28, 31-39 (2008)
Abstract: 【目的】本研究は,成人看護学実習Ⅰの中で取り組んだ外来継続看護実習,特に人工腎 臓センターにおける透析看護や透析患者の生活に対する学生の学びや気づきを明らかにするこ とである。【方法】看護系大学3~4年次に在学する学生の人工腎臓センターにおける実習記 録の中から,気づきと学びを抽出し内容分析を行った。【結果】学生の学びや気づきは17サブ カテゴリに分類され,意味内容の類似性により,「その人らしい生活や人生を送ることの重要 性に対する学び」「食事・水分などの自己管理に対する学び」「患者を支える社会システムや家 族の重要性に対する学び」「透析治療に伴う苦痛に関する学び」「患者の生活に合わせたセルフ ケア能力向上への援助に対する学び」「家族看護の重要性に対する学び」「苦痛や不安を抱えた 患者が前向きに生活するための精神的サポートに対する学び」の,7つのカテゴリに統合され た。その中でも,「食事・水分などの自己管理に対する学び」のカテゴリは,全記録単位数の 28.9%であり,全てのカテゴリの中で最も多かった。【結語】人工腎臓センターにおける学生 の学びと気づきから明らかとなったことは,学生は厳しい制限の中でも,自分らしく生活する ことの素晴らしさと困難さについて理解していた。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5268
ISSN: 13434179
Appears in Collections:第28巻 (2008)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
HKJ28-031-039.pdf326.63 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback