DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第28巻 (2008) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/5275

Title: ブレオマイシンとキノン系抗癌剤による鞭毛虫ミドリムシ,繊毛虫テトラヒメナ,大腸菌,および枯草菌の増殖阻害とポリアミン合成阻害
Other Titles: Inhibition of the Growth of Eukaryotic Flagerate Euglena gracilis, Eukaryotic Ciliate Tetrahymena pyriformis, Bacterium Escherichia coli and Bacterium Bacillus subtilis, and their Polyamine Syntheses by Bleomycin and Anti-Cancer Quinones
Authors: 浜名, 康栄
坂本, 梓
高塚, 堅至
木暮, 美江
田中, なぎさ
細谷, 隆一
Keywords: 抗癌剤
大腸菌
テトラヒメナ
ブレオマイシン
ポリアミン
Anti-cancer drug
Bleomycin
Escherichia coli
Polyamine
Tetrahymena pyriformis
Issue Date: Mar-2008
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 28, 79-88 (2008)
Abstract: 真核生物ではポリアミン類のスペルミジンやスペルミンが細胞核内のクロマチンDNA 構造を安定化し,原核生物ではスペルミジンが核様体DNA の高次構造維持に働いている。単 細胞真核生物のEuglena gracilis とTetrahymena pyriformis に対する増殖阻害効果をDNA 切断薬剤ブレオマイシンと細胞膜阻害薬剤環状ペプチド類(コリスチン,バシトラシン,ポリ ミキシンB)と比較した。Euglena gracilis に対してはブレオマイシンが他薬剤の1/10- 1/1000の低濃度の2.5x10-6 Mで増殖を50%阻害した。Tetrahymena pyriformis に対しては他 薬剤と同程度の5.0x10-4 Mで増殖を50%阻害した。ブレオマイシンあるいは環状ペプチドによ り50%増殖阻害を受けた細胞と対照の正常増殖細胞より酸抽出したポリアミン画分のHPLC 分 析を行った。両生物種において,環状ペプチドで増殖阻害された細胞ではスペルミジンやスペ ルミンの含量が低下していたが,ブレオマイシンで増殖阻害された細胞では両ポリアミンの含 量が増大していた。ブレオマイシンの細胞内DNA への結合によるDNA 切断は細胞内のスペ ルミジンやスペルミンの濃度上昇によって競合的に防御されるものと考えられる。原核生物 Escherichia coliとBacillus subtilis に対する増殖阻害濃度をブレオマイシンとキノン系DNA 切断薬剤(マイトマイシンC,ダウノマイシン,ミトザントロン)と比較した。DNA 切断活 性が高いブレオマイシンとマイトマイシンCが低濃度(1.8x10-7-1.1x10-5 M)で両細菌の増殖 を阻害した。4薬剤による50%阻害菌体と対照の正常増殖菌体より酸抽出したポリアミン画分 のHPLC 分析を行った。ブレオマイシン阻害菌では菌体内スペルミジン濃度が相対的に増大 している結果であった。阻害菌体内のスペルミジン濃度レベルは4薬剤のDNA 結合親和性, DNA 切断活性,増殖阻害濃度と相関性があった。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5275
ISSN: 13434179
Appears in Collections:第28巻 (2008)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
HKJ28-079-088.pdf371.42 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback