DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第28巻 (2008) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/5306

Title: 大学生の捉えた教育問題
Other Titles: Current topics on education among undergraduates
Authors: 村田, 祥子
Keywords: 教育改革
学力低下
義務教育
新聞記事
the educational reform
scholastic ability decline
compulsory education
newspaper article
Issue Date: Mar-2008
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 28, 107-112 (2008)
Abstract: 教育は未来にかかわる重要な課題のひとつである。多くの人は最近の教育の動向に関心 を持っている。本論文では,大学生が行った教育についての討論の論題について検討した。 158人の大学生に,討論を行うために教育に関する新聞記事を選択するよう求めた。大学生は 21世紀の教育改革に関心を示した。21世紀の教育改革は「確かな学力」と「豊かな心」を育む ことを目的としている。その中で,学力低下が問題としてあげられ,学校の週5日制,新学習 指導要領と関連して論じられた。また,小中学校9年間の義務教育に注目が集まった。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5306
ISSN: 13434179
Appears in Collections:第28巻 (2008)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
HKJ28-107-112.pdf245.6 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback