DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第28巻 (2008) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/5307

Title: For Conscience’ Sake の諸相
Other Titles: Aspects of For Conscience’ Sake
Authors: 大桃, 道幸
Keywords: 良心
孤独
階級意識
結婚
都会
conscience
loneliness
class-consciousness
marriage
city
Issue Date: Mar-2008
Publisher: 群馬大学医学部保健学科
Citation: 群馬保健学紀要. 28, 113-120 (2008)
Abstract: 英国の小説家・詩人Thomas Hardy の短編小説For Conscience’ Sake は,20年前に捨 てた女性を探し出し,彼女と結婚することで,過去の過ちを正そうとする男の物語である。こ の作品は題名にある〈良心〉の問題がテーマであると簡単に理解され,物語の筋立ても比較的 単純であることから,従来あまり研究されてこなかった。しかし,丁寧に吟味してみると,こ の作品には良心の問題以外に,孤独,女性の自立,階級意識,〈農村〉対〈都会〉,更には遺伝 などのテーマやモチーフが巧みに織り込まれていることが分かる。その意味で,本作品は Hardy の長編小説の要素が凝縮されていると言って良く,Hardy の長編小説を理解する上でも, 本作品の理解は非常に有益であると言えよう。また,主人公のMillborne が最後に達する諦観 の境地は,作者自身の心情を反映したものでもあろう。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5307
ISSN: 13434179
Appears in Collections:第28巻 (2008)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
HKJ28-113-120.pdf328.71 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback