DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第30巻 (2010) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/5369

タイトル: 医療的ケアの必要な小児の退院に向けての看護支援
その他のタイトル: Nursing Care Supporting the Transition of Technology-Dependent Children to Home
著者: 金泉, 志保美
キーワード: 医療的ケア
小児
退院
看護支援
technology-dependent
child
transition to home
nursing care
発行日: 2010年3月
出版者: 群馬大学医学部保健学科
引用: 群馬保健学紀要. 30, 29-39 (2010)
抄録: 医療的ケアの必要な小児の退院に向けて看護師が行っている支援の状況を明らかにする ことを目的として,入院施設の看護師14名を対象に質問紙調査を行い,併せて43事例への支援 に関する調査結果が得られた。その結果,在宅療養への家族の意思決定を支える上で効果があ ると看護師が考える支援は,在宅療養が可能な状態へ導く支援であり,そこには,『焦らない』 『その児にとって最もよい方法を模索する』という看護師の姿勢を基盤とした,親の思いに寄 り添うアプローチが作用していることが示された。また,事前の家庭訪問による療養環境アセ スメントを行っていたのは41.5%,家庭用物品を用いてのケア指導を行ったのは30.2%である こと,看護師によるリハビリを行っていたのは20.9%,読み聞かせを行っていたのは25.6%で あること等が分かり,より家庭に近い環境での支援や成長発達支援の視点を持つことの必要性 が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5369
ISSN: 13434179
出現コレクション:第30巻 (2010)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
HKJ30-029-039.pdf5.55 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください