DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
35 医学部 >
3502 保健学科 >
350201 群馬保健学紀要 >
第30巻 (2010) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/5372

タイトル: 広汎子宮全摘出術を受けた女性が抱く性生活への戸惑いとその対処
その他のタイトル: Perplexity experienced and action taken by the womenwho underwent a total hysterectomy toward the sexual life
著者: 黒澤, やよい
田邊, 美佐子
神田, 清子
キーワード: 広汎子宮全摘出術
女性
性生活
戸惑い
看護支援
Total hysterectomy
Women
Sexual life
Perplexity
Nursing assistance
発行日: 2010年3月
出版者: 群馬大学医学部保健学科
引用: 群馬保健学紀要. 30, 59-66 (2010)
抄録: 本研究の目的は,広汎子宮全摘出術を受けた女性が術後の性生活に対して抱く戸惑いと その対処を明らかにし,看護支援の方法を検討することである。 広汎子宮全摘出術を受けた女性20名を対象に,半構成的面接を実施し,術後の性生活に対し て抱いた戸惑いの感情とその対処の語りに焦点を絞り,その内容を質的帰納的に分析した。 女性が性生活について抱く戸惑いは,7サブカテゴリ3カテゴリであり,構成されたカテゴ リは【ボディイメージの変化に伴う困惑】【相談できずに抱える葛藤】【性生活構築への抵抗感】 であった。 手術後の性生活に向けての対処は,3サブカテゴリ2カテゴリであり,【性生活再構築への 対処】【性生活回避への対処】の2つのカテゴリが構成された。 手術後の体の変化や心理的状況及び性行為への影響について,女性とパートナーが,ともに 理解を深めることができるよう術前から意図的に言及するとともに,情報提供の場を整え,必 要時いつでも相談にのる体制があることを示すことの重要性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5372
ISSN: 13434179
出現コレクション:第30巻 (2010)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
HKJ30-059-066.pdf2.03 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください