DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
82 国際センター >
8201 群馬大学留学生センター論集 >
第8号 (2008) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/5472

Title: 日本企業のグローバル化と留学生教育の方向性
Other Titles: Corporate Globalization and Education for Foreign Students
Authors: 金原, 奈穂
Keywords: 高度人材
グローバル化
外国人留学生
アジア人財資金構想
Issue Date: Sep-2008
Publisher: 群馬大学留学生センター
Citation: 群馬大学留学生センター論集. 8, 31-44 (2008)
Abstract: 少子高齢化、企業展開の国際化拡大に伴い、高度人材の確保・育成が課題となっており、その候補 として外国人留学生に注目が集まっているが、実際に日本企業への就職を実現する留学生は決して多 くない。そこで、本稿では、高度人材活用の社会的背景、外国人留学生を取り巻く現状、大学におけ る高度人材育成に向けた取組み、の3つの側面から、日本企業のグローバル化と留学生教育の今後の 方向性について検討する。まず、高度人材活用の社会的背景には、少子高齢化と企業の国際展開の活 発化・多様化が挙げられる。特に、海外進出企業は、抱えている課題解決のため、日本への留学経験 者の採用を検討している。一方、外国人留学生は2003年以降毎年10万人を突破しており、卒業後に日 本に就職する留学生も増えているが、まだ少数と言える。また、留学生政策では、2020年を目処にそ の数を30万人に増やす目標が掲げられた。高度人材育成に向けた取組みでは、平成19年度開始のアジ ア人財資金構想を例に取り上げる。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5472
ISSN: 1346-1605
Appears in Collections:第8号 (2008)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
GUNRYU08_03.pdf810.12 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback