DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3001 医科学専攻 >
300129 放射線診断核医学 >
学術雑誌論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/5528

Title: PETの臨床と分子イメージング(<特集>医用画像論文)
Other Titles: The Clinical Utility of Molecular Imaging Using PET in Oncology
Authors: 富永, 英之
石北, 朋宏
有坂, 有紀子
樋口, 徹也
織内, 昇
遠藤, 啓吾
Keywords: 分子イメージング
PET
FDG
FAMT
がん診断
Issue Date: 1-Jul-2008
Publisher: 電子情報通信学会
Citation: 電子情報通信学会論文誌. D, 91-D(7), 1708-1714 (2008)
Abstract: 分子イメージングとは,生体内で起こる様々な生命現象を外部から分子レベルでとらえて画像化することであり,様々な画像装置が開発されている.最近,分子イメージングに最も適した手技として,社会的にも注目を集めているのはPETといえよう.PETとは放射性物質で標識した薬剤(トレーサー)を投与し,細胞及び組織の機能をイメージングする方法である.日本では2002年に[^<18>F]FDG(2-deoxy-2-[^<18>F]fluoro-D-glucose)というトレーサーが腫瘍に対して保険適用ができるようになり,これまでごく一部の施設で使われていたものが,多くの病院で利用されるようになった.またPETは[^<18>F]FDG注射液を静注することだけで検査ができる低侵襲な(患者の痛みなどの負担の少ない)方法であり,ほぼ全身を診断できるということでがん検診にも利用されるなど急速に普及している.PETはFDGという薬剤を注射することでほぼ全身の腫瘍が分かり,苦痛の少ない方法と注目されている.PETは生体内の機能をイメージングすることができるため,腫瘍に対して様々な角度から研究されている.
URI: http://hdl.handle.net/10087/5528
ISSN: 1880-4535
Appears in Collections:学術雑誌論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
M_endo_D91-1708.pdf798.22 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback