DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
20 社会情報学部 >
2002 情報社会科学科 >
学術論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/5757

Title: フラーヴィオ・ロペス・デ・オニャーテの「法の安定性」論(一)
Other Titles: <La certezza del diritto> di F.Lopez de Onate(1)
Authors: 中村, 喜美郎
Issue Date: 20-Jan-1972
Publisher: イタリア学会
Citation: イタリア学会誌. 20, 33-44 (1972)
Abstract: 若くしてこの世を去ったイタリアの法哲学者、フラーヴィオ・ロペス・デ・オニャーテ(Flavio Lopez de Onate 1912-1944)は、その「法の安定性」論によって、現代イタリア法哲学史上に独特の位置をしめている。天逝する二年前、すなわち彼三〇才のときにあらわした主著「法の安定性」(La certezza del diritto 1942)は、その思惟の特異性によって、大いなる成功をはくすとともに、そのごの法の安定性をめぐる論議・展開の契機をなすものである。本稿は、主としてこの「法の安定性」を中心に、彼の法思想の一端を解きあかそうとするものである。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5757
ISSN: 03872947
Appears in Collections:学術論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
I20_33.pdf845.02 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback