DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
50 工学研究科 >
5002 機械システム工学専攻 >
学術雑誌論文 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/5788

Title: Cu コア Sn-3.5Ag はんだを用いた BGA 接合部組織とせん断強度
Authors: 小原, 泰浩
佐伯, 敏男
上西, 啓介
小林, 紘二郎
荘司, 郁夫
山本, 雅春
Keywords: Ball Grid Allay
Cu Core
Sn-Ag
Pb Free Solder
Shear Strength
Issue Date: 1-May-2001
Publisher: エレクトロニクス実装学会
Abstract: BGA用のPbフリーはんだボールとして, Cuコアを有するSn-3.5Agはんだボールを使用した場合における接合部の特性を調査するため, リフローおよび150℃で高温放置したはんだ/パッド界面の接合部組織観察とせん断試験による接合信頼性評価を行った。その結果, Sn-3.5Agはんだのみでは接合部界面にNiSn_3の反応層が形成し, 高温放置に伴ってこの反応層が成長しカーケンダールボイドを形成するためにせん断強度の低下がみられた。一方, Cuコアボールを用いたはんだでは, 反応層としてCu_6Sn_5が形成し, この反応層は高温放置による反応層成長量が少なくボイドも形成されないため, せん断強度の低下が抑制された。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5788
ISSN: 13439677
Appears in Collections:学術雑誌論文

Files in This Item:

File Description SizeFormat
EJ4_192.pdf1.16 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback