DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
82 国際センター >
8202 群馬大学国際教育・研究センター論集 >
第09号 (2010) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/5950

Title: アジア人財資金構想日本語教育における学部・大学院教育への連続性―工学部キャンパス日本語教育コースにおけるサポート・プログラムの試み―
Other Titles: Japanese Course of the Career Development Program for Foreign Students from Asia : An Analysis of the Supporting Program for Students of the Engineering Faculty
Authors: 高本, 康子
Keywords: アジア人財資金構想
日本語教育
学部・大学院教育
工学部
Issue Date: Mar-2010
Publisher: 群馬大学国際教育・研究センター
Citation: 群馬大学国際教育・研究センター論集. 9, 81-92 (2010)
Abstract: 群馬大学工学部・工学研究科のアジア人財資金構想事業「先進・高度ものづくりリーダー育成」プログラムには、日本語学習が必須科目として含まれる。この日本語教育プログラムは、当該事業の対象学生以外の一般学生にも、基本的に参加が許されている。実際には、参加全学生の約80%は、このような一般学生である。すなわち、当該プログラムの日本語教育は、アジア人財の日本語教育として設定された内容でありつつ、工学部の日本語教育にも寄与するものとなっていると言える。本稿はこの点に注目し、アジア人財資金構想事業が、在来の学部・大学院教育とどのような連続性を持ちうるのか、その連続性を有機的に活用するには、具体的にどのような様態がありうるのかを考えようとするものである。その一つの試みとして、当事業日本語教育における初級レベルのメイン・コース補完のために試験的に行ったサポート・プログラムを取り上げ、その概要を報告する。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5950
ISSN: 1346-1605
Appears in Collections:第09号 (2010)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
06_komoto.pdf351.86 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback