DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
10 教育学部 >
1021 附属学校教育臨床総合センター >
102101 教育実践研究 >
第28号 (2011)  >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/5985

Title: 「数と式」領域におけるナンバーセンス
Authors: 野尻, 和宏
Keywords: ナンバーセンス
「数と式」
number sense
""Numbers and Expressions""
Issue Date: 15-Mar-2011
Publisher: 群馬大学教育学部附属学校教育臨床総合センター
Citation: 群馬大学教育実践研究. 28, 11-20 (2011)
Abstract: 本研究の目的は、教師が「数と式」領域のナンバーセンスを意識して指導できるように、中学校第1学年の「数と式」領域におけるナンバーセンスを抽出して、指導場面を例示することである。本研究の目的を達成するために、McIntosh (1992)が提案した、「ナンバーセンスを考えるための枠組み (P.4)」の表を基にして分析を行い、ナンバーセンスの構成要素を抽出する。指導場面例は、主に新中学校学習指導要領解説(2008)にある指導場面を基にする。本研究の結果として、数概念の拡張、分数の四則計算の習熟と計算法則の理解、仮平均、柔軟な式変形を必要とする学習、新しいものを導入する際の思考の経験、文字と数の大小関係、文字が変数や未知数を表していることの学習、数を見積もって代入する活動、0の概念、方程式の導き方、答えの予想と検算、分数係数の一元一次方程式の変形の指導場面を例示することができた。
URI: http://hdl.handle.net/10087/5985
ISSN: 0912-3911
Appears in Collections:第28号 (2011)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
NO28_2011_03.pdf394.06 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback