DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
上武大学(Jobu University) >
03 紀要論文 (Departmental Bulletin Paper) >
0306 上武大学ビジネス情報学部紀要 >
第09巻 第1号, 第2号 (2010) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/6521

Title: アメリカ鉄道会社に関するリース会計の考察 : 20世紀初頭における鉄道車両設備リースに焦点をあてて
Other Titles: Insights into Accounting for Leases in connection with American Railroads : Focus on car and equipment leasing of railroads in the early part of the 20th century
Authors: 石井, 明
ISHII, Akira
Keywords: リース契約
抵当先取特権
将来取得財産条項
鉄道車両設備信託
割賦販売契約
フィラデルフィア方式
設備信託証書
法的実質
Issue Date: 30-Sep-2010
Publisher: 上武大学ビジネス情報学部
Citation: 上武大学ビジネス情報学部紀要. 2010, vol.9, no.1, p.1-24
Jobu Daigaku Bijinesu Joho Gakubu kiyo (Bulletin of Faculty of Business Information Sciences, Jobu University). 2010, vol.9, no.1, p.1-24
Abstract: 本論文では、アメリカの20世紀初頭における鉄道会社の設備金融の特質および問題、リース方式―フィラデルフィア方式―による設備金融の歴史、設備信託スキームおよび法律上の問題点、リースの会計実務および会計報告の基準等を検討する。そして、20世紀初頭、州際商業委員会(ICC)の設定した規定によって、アメリカの鉄道会社が使用するリース設備が所有設備と合算されて「設備」として資産計上されており、さらに、今日の企業会計の経済的実質に基づくリースの資本化論とは異質の考え方である「法的実質」の理論があったことを明らかにする。
URI: http://hdl.handle.net/10087/6521
ISSN: 1884-7293
NII paper ID: http://ci.nii.ac.jp/naid/110007701622
Appears in Collections:第09巻 第1号, 第2号 (2010)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
729-09(1)-001.pdf578.33 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback