DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
上武大学(Jobu University) >
03 紀要論文 (Departmental Bulletin Paper) >
0306 上武大学ビジネス情報学部紀要 >
第09巻 第1号, 第2号 (2010) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/6522

Title: 会計基準の国際的多様性とその評価構造モデル
Other Titles: An Evaluation Framework Model of Globally Diverse Accounting Standards
Authors: 石黒, 秀明
ISHIGURO, Hideaki
Keywords: ガーノン・ミーク
環境変数
会計モデル
公正妥当な企業会計の基準
本源的機能
社会的機能
真実性
有用性
演繹的アプローチ
帰納的アプローチ
国際会計基準
Issue Date: 28-Dec-2010
Publisher: 上武大学ビジネス情報学部
Citation: 上武大学ビジネス情報学部紀要. 2010, vol.9, no.2, p.25-51
Jobu Daigaku Bijinesu Joho Gakubu kiyo (Bulletin of Faculty of Business Information Sciences, Jobu University). 2010, vol.9, no.2, p.25-51
Abstract: 各国で実際に採用されている会計制度・会計基準は多様である。ガーノン・ミークによれば、1国の会計を形成するのは6つの主要な環境変数であり、それらの変数が産み出す個別的な特徴を基準として、世界の会計は3つの会計モデルに分類することができる。ひとつの会計基準が利用者集団のニーズをみたす「公正妥当な企業会計の基準」として社会的に認知されるための評価構造モデルを考察すると、その起点として会計の本源的機能を評価する真実性基準があるが、実際に評価装置として機能するのは、会計の社会的機能を評価する有用性基準である。
URI: http://hdl.handle.net/10087/6522
ISSN: 1884-7293
NII paper ID: http://ci.nii.ac.jp/naid/110008003168
Appears in Collections:第09巻 第1号, 第2号 (2010)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
729-09(2)-025.pdf954.38 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback