DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
上武大学(Jobu University) >
03 紀要論文 (Departmental Bulletin Paper) >
0308 上武大学看護学部紀要 >
第06巻 第1号(2010),第2号(2011) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/6570

Title: 「エンジョイ・レスキュー(ER)サークル」が看護学生に与える効果に関する研究
Other Titles: The study of the effect that a circle (Enjoy Rescue Circle) gives nursing students.
Authors: 千明, 政好
片貝, 智恵
CHIGIRA, Masayoshi
KATAKAI, Chie
Keywords: 救命処置
サークル活動
大学生活
影響・効果
Issue Date: 31-Mar-2011
Publisher: 上武大学看護学部
Citation: 上武大学看護学部紀要. 2011, vol.6, no.2, p.36-44
Jobu Daigaku Kango Gakubu kiyo (Bulletin of Faculty of Nursing, Jobu University). 2011, vol.6, no.2, p.36-44
Abstract: サークル支援の課題を知るために、エンジョイ・レスキュー(ER)サークル入会動機、サークル活動継続の理由、サークル活動して良かったことなど、ERサークル活動が学生生活にどのような影響を与えているかなどについて、面接により情報収集し、質的に分析した。サークルに入った動機は79コードで、【救命・救急医療への興味・関心】【他者の勧め・誘い】【救急の知識・技術学習】の3カテゴリー、12のサブカテゴリーに分類できた。サークル活動して良かったことを表すデータは102コードであった。102コードは、【触れ合い・かかわり増加】【蘇生法救急法の学習・指導】【救急への興味・関心】【楽しみ・喜び】の4カテゴリー、16サブカテゴリーに分類できた。「適切な学習機会」と「仲間とふれあい成長する喜び」をサークル活動の継続理由としており、特にサークル活動が適切な学習機会となるように適切な教員の支援が重要となることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10087/6570
ISSN: 1880-747X
1884-7315
NII paper ID: http://ci.nii.ac.jp/naid/110008605697
Ichushi ID: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2013167747
Appears in Collections:第06巻 第1号(2010),第2号(2011)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
731-06(2)-036.pdf399.94 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback