DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.61 (2011) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/6574

Title: 長期の病悩期間を有し、中腸軸捻転を発症した成人腸回転異常症の1例
Other Titles: An Adult case of midgut volvulus with intestinal malrotation characterized by long-term chronic symptoms
Authors: 岩波, 弘太郎
小林, 克巳
六本木, 隆
前村, 道生
竹吉, 泉
Iwanami, Kotaro
Kobayashi, Katsumi
Roppongi, Takashi
Maemura, Michio
Takeyoshi, Izumi
Keywords: 腸回転異常症
中腸軸捻転
成人
Issue Date: 1-Nov-2011
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 2011, vol.61 no.4, p.525-529
Abstract: 症例は70歳,女性、間欠的な腹痛,腹満症状で入退院を繰り返していた、初診より約8ヶ月目に腹満,嘔吐 症状により入院となったCTで上腸間膜動脈を軸としたwhirl-like patternを認め,絞拒性イレウスと判断し て緊急手術を施行した、術中所見では,絞拒されていたのは後腹膜に固定されていない移動盲腸および上行 結腸であり,腸回転異常症に起因する中腸軸捻転と診断した、絞拒腸管は渾腫が強くmotilityが不良と判断さ れたため,回腸30cmおよび右側結腸を切除した、術後経過は良好で,14日目に退院した、本症例は捻転と白 然整復を繰り返し間欠的な腹部症状を生じる慢性例であった、慢性の不定愁訴を症状とする腹痛患者の診察 においても,多彩な病態をとる本疾患の可能性も念頭にいれて診察を行うことが重要であると考えられる、
URI: http://hdl.handle.net/10087/6574
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.61 (2011)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
61_525.pdf1.02 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback