DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
群馬大学(Gunma University) >
30 医学系研究科 >
3005 北関東医学会 >
330501 The Kitakanto medical journal >
Vol.62 (2012) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/6692

Title: 腹腔鏡下生検で診断した悪性腹膜中皮腫の1例
Other Titles: A Case of peritoneal malignant mesothelioma diagnosed by laparoscopy
Authors: 新井, 正明
落合, 亮
増田, 淳
宮前, 洋平
須納瀬, 豊
鈴木, 忍
吉竹, 泉
Arai, Masaaki
Ochiai, Ryo
Masuda, Jun
Miyamae, Yohei
Sunose, Yutaka
Suzuki, Shinobu
Tekeyoshi, Izumi
Keywords: 悪性腹膜中皮腫
腹腔鏡
gemcitabine
carboplatin
malignant peritoneal mesothelioma
laparoscopy
Issue Date: 1-Feb-2012
Publisher: 北関東医学会
Citation: The Kitakanto medical journal. 2012, vol.62 no.1, p.65-70
Abstract: 症例は52歳,男性.腹部膨満感,体重減少,易疲労感,食思不振を主訴に石井病院内科を受診した.初診時腹 部は著明に膨満していた.CT検査で腹腔内に多量の腹水を認めたが,はっきりした腫瘤性病変などはなかっ た.PET-CTでは右腹腔内の壁側腹膜に沿った部位と下行結腸付近にFDGの集積がみられた.腹腔穿刺細 胞診では,出血炎症性の背景に中皮細胞が孤立性~集塊状に多数出現していて,中皮由来の細胞集塊と考え られたが,確定診断にはいたらなかった.生検を目的に,内科から外科に転科し,腹腔鏡手術を施行した.腹腔 鏡で観察すると,腹腔内には多量の腹水が貯留しており,PET-CTで集積を認めた右側腹部腹壁に白色調の うずら卵大の腫瘤があったが,下行結腸付近にははっきりした腫瘤はなかった.うずら卵大の腫瘤を切除し, 病理検査に供したところ腫瘤は悪性腹膜中皮腫と診断された.化学療法を目的として群馬大学第2外科に紹 介され,GemcitabineとCarboplatinによる化学療法を開殆した.
URI: http://hdl.handle.net/10087/6692
ISSN: 1343-2826
Appears in Collections:Vol.62 (2012)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
62_65.pdf1.28 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback