DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
上武大学(Jobu University) >
03 紀要論文 (Departmental Bulletin Paper) >
0308 上武大学看護学部紀要 >
第07巻 第1号 (2011) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/6788

タイトル: 病院施設で汎用される消臭カーテンの排泄物臭気に対する消臭効果の比較実験研究のための予備実験研究
その他のタイトル: Preliminary experiment research for comparison experiment research on excrement stench of deodorant curtain used widely in hospital facilities in deodorant effect.
著者: 高井, 怜
TAKAI, Rei
キーワード: 消臭カーテン
消臭効果
比較実験
Deodorant curtain
Deodorant effect
Comparison experiment
発行日: 2011年12月28日
出版者: 上武大学看護学部
引用: 上武大学看護学部紀要. 2011, vol.7, no.1, p.19-26
Jobu Daigaku Kango Gakubu kiyo (Bulletin of Faculty of Nursing, Jobu University). 2011, vol.7, no.1, p.19-26
抄録: 本研究では病院施設の療養環境における臭気対策の一つとして消臭カーテンの活用を検討するため、一定条件下に調整された実験環境下で、3種類の消臭カーテン素材と消臭機能が付加されていないカーテンを用いた比較実験を行い、排泄物臭気に対する消臭効果について検証するための比較実験研究を実施するための3回の予備実験の経過をまとめた。予備実験の結果から、臭気素材として人の排泄物を用いる実験デザインは例え人の嗅覚で臭いが感じられても検知管やニオイセンサーでは殆ど臭気ガスを検知出来ないため、排泄物臭気の主成分であるアンモニアに焦点を当てアンモニアガスを人工的に生成し、各群のアンモニア値を経時的に測定する実験デザインに変更した。しかし、アンモニア値の計測値も予備実験では各回・各群にバラツキがあったため、本実験では研究の妥当性を高めるためRandomized Controlled Trialで行う必要である。
URI: http://hdl.handle.net/10087/6788
ISSN: 1884-7315
NII論文ID: http://ci.nii.ac.jp/naid/110008802964
医中誌ID: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2013167750
出現コレクション:第07巻 第1号 (2011)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
731-07(1)-019.pdf2.85 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください