DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第1巻 >
1巻1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10087/7003

タイトル: 日本経済のゆくえ-破綻に向かう日本の経済
その他のタイトル: The Future of the Economy of Japan: Towards a Downfall of Economy
著者: 水谷, 研治
キーワード: 日本経済
財政破綻
赤字財政
借金地獄
産業の空洞化
消費税引き上げ
発行日: 2010年5月
出版者: 東京福祉大学・大学院
引用: 東京福祉大学・大学院紀要 1(1),113-119,2010
抄録: 景気が大きく低下し、低迷が続いている。それだけに異常な状況といわれる。もし現在が異常に低いとすれば、待てば良い。異常な事態がいつまでも続くはずがないからである。ところが現実には大きな力で景気は異常に押し上げられている。そして、もはや続かなくなっており、やがては正常化せざるをえない。その場合、経済水準は大きく下落する。最大の押し上げ要因となってきたのは政府による赤字財政である。その結果、財政赤字は膨大になり、国家の借金は莫大な金額になって、放置できなくなってしまった。財政再建は必至である。それを実行すると景気は急落する。もし、財政再建を断行しなければ、我が国の経済は借金地獄へと転落するであろう。我々は将来の経済を展望して対処することを、真剣に考えなければならない。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7003
ISSN: 1883-7565
出現コレクション:1巻1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
紀要Vol1No1_特別寄稿(水谷).pdf469.86 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください