DSpace
 

Academic Knowledge Archives of Gunma Institutes >
東京福祉大学(Tokyo University of Social Welfare) >
東京福祉大学・大学院紀要 >
第2巻 >
2巻1号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10087/7052

Title: 幼児の模倣と成長における「手作り日本人形」の寄与
Other Titles: Role of Hand-made Japanese Dolls in the Imitation and Development of Small Children
Authors: 駒井, 美智子
中島, 範
浅井, 恭子
Keywords: 手作り日本人形
模倣の合理性
人的環境
幼児保育
保育教材
情緒の安定
Leaning the Best
Issue Date: Aug-2011
Publisher: 東京福祉大学・大学院
Citation: 東京福祉大学・大学院紀要、2(1)、51-57、2011
Abstract: 本研究において我々は、筆者の一人(中島)が以前に制作を提案した「手作り日本人形」を用い、それを使った幼児の人形遊びにおけるLeaning the Bestおよび模倣の合理性、保育における有効性、日本人としてのアイデンティティの形成の可能性について、2ヶ所の保育園(Y県 I保育園、A県K保育園)にて 1ヶ月に渡る観察から考察した。本研究結果は、保育の中に「手作り日本人形」を導入することが、幼児における保育者の模倣と成長に寄与することを示唆している。
URI: http://hdl.handle.net/10087/7052
ISSN: 1883-7565
Appears in Collections:2巻1号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
p51-57_Vol2No1_Komai.pdf633.44 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback